マサコ農園通信インFC2 EM発酵肥料の作り方 その2二次発酵の仕方
FC2ブログ
-----(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08-20(Sat)

EM発酵肥料の作り方 その2二次発酵の仕方

 それでは、一次発酵後2週間したものを今度は二次発酵させてみたいともいます。

 その前に、なぜ、二度の工程を踏まなければならないのか?

 答えはEM菌の群の中にあります。嫌気性や好気性のものがあり、油粕などの肥料を腐らせないでうまく微生物でバトンタッチして、空気のある中で、発酵したとき、メタンガスやアンモニアガス、CO2などを極力発生させないで、真の意味の発酵の肥料を作りたいからです。発酵は繫栄にもつながります。

 
よく、生の油粕を土の上にまくとはえがきますよね。もうそこで、メタンガスや環境に悪いガスやにおいを発生させているのです。二次発酵では空気のある中で発酵させますが、一次発酵が住んでいるので、もうはえが飛んでくることもありませんし、臭くもありません。

用意するもの:
一次発酵済みのEM発酵肥料
その量の3倍くらいの赤玉土細粒
シート
ビニール手袋
土のう袋
レンガ2こ

作り方:
aburakasutoakadamasairyuu①シートにEM発酵肥料一次発酵済みのものとその3倍の赤玉土細粒を広げ、ビニール手袋を使って、よーくまぜあわせる。ここでは米ぬか油粕ですが、リン酸を効かせたいときはたとえば





このような骨粉肥料とか

マグバットの肥料などを混ぜてもいいと思いますが、骨粉はちょっとにおうかもしれません。というのは私はいつもオリーブという会社のリン酸苦土という天然肥料を使っているので、骨粉は使っておりません。




donoubukuro②土のう袋に入れ、口を縛ってからぐるぐると絞り、口を下にして、このようにレンガの足を作って、その上に置く。これを日と雨のあたらなところに置く。
その後、3日目くらいから熱が上がってくるが、ほおっておいて大丈夫です。大体55度くらいになります。
1週間したら、熱も冷めています。においは殆どないと思います。


DSC00385.jpg③猫が心配な時はキュウリネットを掛けておく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ようこそ当店へ
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

マサコノウエン

Author:マサコノウエン
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
ポチッとSeeブックマーク
はてなブックマーク はてなブックマーク
Buzzurl
FC2ブックマーク FC2ブックマーク
Yahooブックマーク Yahooブックマーク
POOKMARK POOKMARK
@nifty @niftyクリップ
Livedoorクリップ Livedoorクリップ
Present's by サンエタ
ブログランキング
参考になりましたら、ポチ、っとお願いします。

FC2Blog Ranking

家庭菜園ブログランキング
参考になりましたら、ポチっと押してください。励みになります。
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。